不妊症の鍼灸専門治療院

不妊症

A,不妊症の概念

 不妊症は妊娠可能な年齢で、正常な性生活を営んでいる夫婦が、避妊期間を除いて2年以上経過しているにもかかわらず、妊娠が成立しない場合を不妊症といいます、この2年という期間は90%のカップルが結婚後2年以内に妊娠しており、この期間を過ぎると妊娠する例が少ないという事実からきています。
また不妊の原因が男女両性のいずれの側にあるかによって、女性不妊症と男性不妊症に区別され、その比率は1対1となっています。
そして、不妊症の原因が諸検査によって原因疾患が特定できるものを器質性不妊症、原因疾患が特定できないものを機能性不妊症と区別しています。
女性不妊症の原因として、排卵因子、卵管因子、子宮因子、頚管因子などがあり、男性不妊症の原因には、性交不能症、射精障害、無精液症などによる場合もありますが、圧倒的に多いのは精子形成障害に起因する無精子症、乏精子症による不妊症です。

B,不妊症の鍼灸治療

 不妊症に対する鍼灸治療は、機能性不妊症を対象とします、また女性不妊症、男性不妊症を問わず、治療内容は同じです。
不妊症の治療は血液循環改善とホルモンバランスの調節を目的とした、腰仙部兪穴と腹部募穴による兪募穴治療を行うと共に、腎精強化を目指した経絡治療も行います。
また器質性不妊症は、西医による原因疾患の治療が先決で、鍼灸治療は併用治療として薬剤の副作用や手術の後遺症に対して可能な限り行います。

C,不妊症の対策

 不妊症は女性不妊症にしろ、男性不妊症にしろ、夫婦間の共通した問題ですので、よく話し合って最善の策を講じてください、また近年結婚年齢の高齢化により、高年齢妊娠を余儀なくされています、高年齢は妊娠しにくいのは明らかですので、不妊期間は2年を待たず、1年でも治療を始めたほうがよいという考えもあります。

D,不妊症に対する鍼灸治療の効果

 不妊症に対する鍼灸治療の効果は、患者さんの置かれた状況により治療効果のばらつきが大きいです。

寺村鍼灸院の治療法

神経系の治療

運動器系の治療

消化器系の治療

循環器系の治療

呼吸器系の治療

泌尿器系の治療

感覚器系の治療

代謝障害の治療

心療科系の治療

婦人科系の治療

免疫系の治療

無料
無料
無料