生理痛・月経痛の鍼灸専門治療院

生理痛(月経痛)

A,生理痛(月経痛)の概念

 生理痛(月経痛)とは、月経時に発生する種々の症状のうち、主に下腹部痛と腰痛を訴えるものをいい、これには月経困難症があります。
月経困難症は月経時の下腹痛、腰痛などの生理痛(月経痛)や悪心、嘔吐、頭痛などが過度に出て、日常生活に支障をきたし、治療を必要とする症候群を言います、これには原発性月経困難症と続発性月経困難症があります。
原発性月経困難症は機能性月経困難症ともいい、なんら気質的疾患が認められないものです、これは初経後から20歳前後の若年者に多く、思春期の月経困難症のほとんどが原発性月経困難症と考えられています。
生理痛(月経痛)の原因には、子宮発育不全、内分泌失調、自律神経失調、子宮血管攣縮などが挙げられますが、最近は月経時の子宮収縮に伴う、子宮筋の虚血と言われており、子宮収縮にはプロスタグランジンが大きく関与していると指摘されています。
続発性月経困難症は器質性月経困難症ともいい、以前は月経困難症でなかったものが気質的疾患に続発して発症するもので、30歳以降の女性に多く見られます、気質的疾患として子宮筋腫、子宮内膜症、骨盤内炎症性疾患、子宮位置及び形態異常などが挙げられていますが、最近は子宮内膜症によるものが増加してきています。

B,生理痛(月経痛)の鍼灸治療

 生理痛(月経痛)に対する鍼灸治療は、原発性月経困難症を対象とします、生理痛(月経痛)の治療は自律神経機能及びホルモン分泌機能のアンバランス是正を目的とした、腰仙部治療穴と背部兪穴及び腹部募穴による兪募穴治療を行うと共に、随伴症状に対する経絡治療も行います。
また続発性月経困難症に対しては、西医の検査による原因疾患の特定とその治療が先決で、鍼灸治療は併用治療となります。

C,生理痛(月経痛)の対策

 原発性月経困難症は放置していても生命の危険はありませんが、若い女性が学校や仕事を休む原因として最大のものですので、適切な治療は必要です、またこの原発性月経困難症は飲酒、喫煙の習慣がある人に多く、日常スポーツをする女性に少ないという報告がありますので参考にしてください。
続発性月経困難症は、まず原因疾患の特定とそれに対する適切な治療を心がけてください。

D,生理痛(月経痛)に対する鍼灸治療の効果

 生理痛(月経痛)に対する鍼灸治療の効果は、ほとんどの患者さんは初回の治療より治療効果を実感していただけます。また定期的に鍼灸治療を行うことにやって生理痛から開放された生活を確保できます。

寺村鍼灸院の治療法

神経系の治療

運動器系の治療

消化器系の治療

循環器系の治療

呼吸器系の治療

泌尿器系の治療

感覚器系の治療

代謝障害の治療

心療科系の治療

婦人科系の治療

免疫系の治療

無料
無料
無料