乗り物酔いの鍼灸専門治療院

乗り物酔い

A,乗り物酔いの概念

 乗物酔いは加速度病とか動揺病ともいわれ、車、船舶、飛行機、列車などに乗った際、動揺刺激によって出現する自律神経症状です。
乗物酔いの症状はあくびに始まり、顔面蒼白、冷汗、頭痛、悪心、そして嘔吐です。
乗物酔いの原因は乗物の動揺刺激が内耳の半規管や耳石器系に作用して自律神経の失調状態を発症するものと考えられています。
これら外的要因のほかに内的要因として胃腸障害、睡眠不足、体質、自己暗示なども関係しています。

B,乗り物酔いの鍼灸治療

 乗物酔いに対する鍼灸治療は一時的な対症治療ではなく、自律神経機能の強化と体質改善による根治治療となります。
乗物酔いの治療は自律神経のバランス調整を目的とした治療と古来より伝わる乗物酔いの特効穴治療を行うと共に胃腸強化の治療も行います。

C,乗り物酔いの予防

 乗物酔いに対する予防は内的要因の改善が必要です、特に自己暗示による発症は大きな比重を占めていますので注意してください。
ただ内耳は「なれの現象」があるため、何度か同様の刺激をおこない、乗物酔いを軽快させることが可能です。

D,乗り物酔いに対する鍼灸治療の効果

 乗り物酔いに対する鍼灸治療の効果は短期効果と長期効果があります。短期効果は直近の旅行や出張などで症状を緩和するかあるいはまったく出なくするといった効果です。長期効果は定期的に治療することによって乗り物酔い体質を改善して、乗り物酔いを起こさなくさせる効果です。

寺村鍼灸院の治療法

神経系の治療

運動器系の治療

消化器系の治療

循環器系の治療

呼吸器系の治療

泌尿器系の治療

感覚器系の治療

代謝障害の治療

心療科系の治療

婦人科系の治療

免疫系の治療

無料
無料
無料