しびれ(痺れ)の鍼灸専門治療院

しびれ(痺れ)

A,しびれ(痺れ)の概念

 しびれ(痺れ)には感覚障害、運動障害、及び両者が合併した場合の三つがあります。
感覚障害によるしびれ(痺れ)には、感覚鈍麻あるいは消失、自発的な異常感覚、外的刺激による異常感覚、及び疼痛があります。
運動障害によるしびれ(痺れ)は、急激な運動麻痺をしびれ(痺れ)と感じます。両社の合併によるしびれ(痺れ)は、末梢神経の圧迫や急性循環障害の場合にしびれ(痺れ)と感じます。
またしびれ(痺れ)には単一末梢神経の障害によるしびれ(痺れ)と中枢神経障害によるしびれ(痺れ)とがあります。
単一末梢神経障害の原因疾患は神経線維の圧迫、炎症、代謝障害、循環障害などです。
中枢神経障害によるしびれ(痺れ)は視床、脳幹、脊髄などの感覚神経伝道路の病変によって起こります。
このように一口にしびれ(痺れ)と言ってもその種類と原因は、多種多様ですので診断には細心の注意が必要です。

B,しびれ(痺れ)の鍼灸治療

 しびれ(痺れ)に対する鍼灸治療は、中枢神経障害によるものは脳及び脊髄の障害ですので対象外となります。
単一末梢神経障害の中で原因が圧迫、炎症、循環障害によるしびれ(痺れ)は鍼灸治療が非常に有効ですが、代謝障害によるしびれ(痺れ)はアミロイドニューロパシーや糖尿病など全身性の代謝疾患によるものですので、それらの治療が先決となります。
しびれ(痺れ)の鍼灸治療は神経根、神経叢、神経線維の走行に沿って行います、また代謝障害によるもので、西医による治療が著効を見ない場合は体質改善を目的とした全身的な鍼灸治療を行います。

C,しびれ(痺れ)の予防

 長期正座による足のしびれ(痺れ)や、肘枕による手先のしびれ(痺れ)は一過性のものですので心配はありませんが、これも程度問題で、過度の虚血状態は神経線維を傷つけますので注意してください。
また準備運動なしの過激な運動も関節部を走行する神経線維を傷つけますので気をつけてください。

D,しびれ(痺れ)に対する鍼灸治療の効果

 しびれ(痺れ)に対する鍼灸治療の効果は、原因が代謝障害によるものは原因疾患の治療と併行して行いますので症状改善の手ごたえを感じるまでに時間がかかります。原因が圧迫、炎症、循環障害によるしびれ(痺れ)は症状の程度によって個人差がありますが初回から症状緩和の手ごたえが感じ取れます。

寺村鍼灸院の治療法

神経系の治療

運動器系の治療

消化器系の治療

循環器系の治療

呼吸器系の治療

泌尿器系の治療

感覚器系の治療

代謝障害の治療

心療科系の治療

婦人科系の治療

免疫系の治療

無料
無料
無料