ぎっくり腰の鍼灸専門治療院

ぎっくり腰

A,ぎっくり腰の概念

 ぎっくり腰は腰痛症の中で急性発症するものを総称して言います。
ぎっくり腰の症状は腰部の筋肉、筋膜、靭帯、椎間板、椎間関節の障害により起こります。
これらぎっくり腰の症状は、椎間板ヘルニアの初発症状であったり、椎間関節捻挫、腰背筋断裂、脊柱靭帯断裂と診断されることもあります。
筋・筋膜性腰痛としてのぎっくり腰は、脊髄神経後枝の絞扼、炎症などで起こり、筋硬結を伴う圧痛が特徴です。
ぎっくり腰の疼痛は激烈で、腰椎の捻転運動やときには体動も不能となります。

B,ぎっくり腰の鍼灸治療

 ぎっくり腰に対する鍼灸治療は、重度の椎間板ヘルニア以外は初発から治療を行います、特に筋・筋膜性腰痛としてのぎっくり腰に対しては著効が期待でき、一回の治療で治癒することもまれではありません。
ぎっくり腰の治療は圧痛箇所を中心に椎間部及び傍脊柱部に対して行います。

C,ぎっくり腰の予防

 大部分のぎっくり腰は筋疲労と不良姿勢時におけるちょっとした外力で発症しています。
これらは生活の中で常に注意をしていれば防ぐことができますし、背筋と腹筋のバランスが取れていれば多少の外力が加わってもぎっくり腰を発症することはありません、そういった意味で運動療法としての腰痛体操はぎっくり腰の予防体操でもあります。

D,ぎっくり腰に対する鍼灸治療の効果

 ぎっくり腰に対する鍼灸治療の効果は、筋・筋膜性腰痛の鎮痛に関しては初回の治療で劇的に治療効果を実感できます。靭帯、椎間板、椎間関節の障害による腰痛は障害の程度によっては時間がかかります。もっとも、ぎっくり腰の症状は疼痛がほとんどですので痛みが解消すれば完全治癒ということになります。

寺村鍼灸院の治療法

神経系の治療

運動器系の治療

消化器系の治療

循環器系の治療

呼吸器系の治療

泌尿器系の治療

感覚器系の治療

代謝障害の治療

心療科系の治療

婦人科系の治療

免疫系の治療

無料
無料
無料