下痢の鍼灸専門治療院

下痢

A,下痢の概念

 下痢は糞便中の水分が増加して固有の形態を失い急激に排出される状態を言います。
通常の固形便では水分含有量が70%~80%ですが80%~90%になると軟便から泥状便になり、90%以上では水様便となります。
下痢の発生する仕組みから分類すると浸透圧性下痢、分泌性下痢、通過時間の異常による下痢の三つに大別されます。
浸透圧性下痢は腸管から吸収されない物質によって腸管内浸透圧が高まって起こる下痢で、牛乳を飲むと下痢を起こしてしまう、いわゆる牛乳不耐症などが代表的な例です。
分泌性下痢は細菌毒素、ホルモン、化学物質などが腸管において水分や電解質の分泌を促進して起こる下痢で、その種類は非常に多くあります、また脂肪性下痢や胆汁酸性下痢も分泌性下痢に属します。
通過時間の異常による下痢は、通過時間低下と通過時間亢進の場合があり、通過時間低下は腸狭窄、憩室などによる細菌増殖が原因で、通過時間亢進の場合は、過敏性腸症候群や甲状腺機能亢進症で腸運動が亢進することにより起こす下痢です。
このように一口に下痢といってもその種類と症状及び原因は多岐にわたっていますので鑑別診断が特に重要です。

B,下痢の鍼灸治療

 下痢に対する鍼灸治療は急性下痢の場合、原因は細菌毒素や化学物質による食中毒の場合が多いので原則として対象外です、慢性下痢の場合は機能的、体質的なものが多いので鍼灸治療は非常によく効きます。
下痢の治療は胸腰部交感神経への働きかけと兪募穴治療を中心に、胃経への経絡治療を行います、また体質改善を目指した全身治療も行います。

C,下痢の予防

 食中毒や感染性腸炎による急性下痢は、原因物質をすみやかに排出する為の生体防御反応ですので、適切な治療をすれば心配ありません。
慢性的な下痢症状は偏食、過労、睡眠不足、ストレスなどによる胃腸管の機能不全によって起こりますので、それらを是正することによって予防できます。

D,下痢に対する鍼灸治療の効果

 下痢に対する鍼灸治療の効果は、一時的な下痢症状の場合、鍼灸治療の効果を初回から実感していただけますが慢性下痢の場合、即効的な治療効果はありません。しかし、根気強く治療していけば確実に下痢体質は改善していきます。

寺村鍼灸院の治療法

神経系の治療

運動器系の治療

消化器系の治療

循環器系の治療

呼吸器系の治療

泌尿器系の治療

感覚器系の治療

代謝障害の治療

心療科系の治療

婦人科系の治療

免疫系の治療

無料
無料
無料