痔の鍼灸専門治療院

慢性肝炎

A,痔の概念

 痔は肛門部疾患の代表的なもので、痔核(いぼじ)、裂肛(きれじ)、痔瘻(肛門周囲膿瘍も含む)を総称したものです。
痔核(いぼじ)は、痔疾患の中で最も多くて、肛門管部粘膜下及び皮下に存在する上静脈叢、中静脈叢、下静脈叢に生じた静脈瘤です、そしてそれぞれを内痔核、中痔核、外痔核と呼びます。
痔核(いぼじ)の症状は、内痔核の場合、排便時出血が最も多く、ときには内痔核が肛門外に脱出する脱肛を起こすこともあります、外痔核の場合は疼痛や圧痛が強く出ますが出血はほとんどありません。
痔核(いぼじ)の原因には、静脈、および門脈系のうっ血を起こす、妊娠、慢性便秘、門脈圧亢進症などがあり、飲酒や過度の腹圧負荷なども痔疾患の誘因となります。
裂肛(きれじ)は、肛門管の過度の伸展により肛門管上皮に裂創を生じたもので、女性に多く、主に後方正中部に発生します。
裂肛(きれじ)の症状は、排便時及び排便後の疼痛で多くは新鮮血の出血があります、これに感染が加わると慢性の肛門潰瘍になります、裂肛の原因は便秘によるものがほとんどです。
痔瘻は直腸粘膜、肛門管、肛門周囲皮膚に瘻孔を生じる疾患で、瘻孔の両端が開口しているものを完全瘻孔、片側が盲端になっているものを不完全瘻孔といいます。
症状は肛門周囲外口からの排膿、あるいは膿の貯留による腫脹、疼痛、発熱があります、原因はほとんどが肛門腺の感染によって起きる肛門周囲炎が膿瘍化する肛門周囲膿瘍です。

B,痔の鍼灸治療

 痔に対する鍼灸治療は痔核(いぼじ)、裂肛(きれじ)を対象とします、痔瘻の場合はほとんどが手術対応となりますので対象外です。
痔の治療は、門脈系の側副路でもある直腸静脈叢の鬱血を取り除く為、仙骨部治療穴を中心に行い、背部兪穴及び腹部募穴による兪募穴治療、そして便秘解消の為、胃経に対する経絡治療も行います。

C,痔の予防

 痔核(いぼじ)、裂肛(きれじ)に共通する原因は便秘ですので、まず便秘を起こさないようにすることが大切です、そして飲酒や腹圧負荷なども注意することで痔は予防できます。
痔瘻については肛門腺からの細菌感染による、肛門周囲炎が原因ですので肛門周囲を常に清潔に保つことで予防できます。

D,痔に対する鍼灸治療の効果

 痔に対する鍼灸治療の効果は、出血、疼痛などの症状は初回から治療効果を実感いただけます。ただし、痔は器質的疾患ですので患部の改善治癒には時間がかかります。

寺村鍼灸院の治療法

神経系の治療

運動器系の治療

消化器系の治療

循環器系の治療

呼吸器系の治療

泌尿器系の治療

感覚器系の治療

代謝障害の治療

心療科系の治療

婦人科系の治療

免疫系の治療

無料
無料
無料