慢性肝炎の鍼灸専門治療院

慢性肝炎

A,慢性肝炎の概念

 慢性肝炎は6ヶ月以上に渡り、肝臓に炎症が持続して肝機能に異常をきたす状態をいいます、これにはウイルス性の慢性肝炎と自己免疫性の慢性肝炎があります。
ウイルス性の慢性肝炎では、B型とC型があり、特にC型の場合は自覚症状があらわれないことが多く、病変は徐々に進行して20年から30年で肝硬変へ進展するといわれています。
またウイルス性の慢性肝炎は、高頻度で肝癌発生の原因となる可能性があり、そのうち60%~70%はC型慢性肝炎によるものです。
自己免疫性の慢性肝炎は、中年女性に好発し、肝臓に対して特異的に発症する自己免疫疾患です、この慢性肝炎は適切な治療が施されなければ比較的早く肝硬変に至る疾患でもあります。
自己免疫性の慢性肝炎は、症状に特徴的なものは無くほとんどが無症状で、検診時に偶然発見される場合が多いようです。

B,慢性肝炎の鍼灸治療

 慢性肝炎の鍼灸治療は、ウイルス性の慢性肝炎では、西医でのインターフェロンによる治療と併用したものになります、治療は接触鍼と知熱灸によるもので、肝経を中心とした経絡治療と兪募穴治療を行います。
またウイルスの活動を弱める為の免疫力増強を目指した治療も行います、そして自己免疫性の慢性肝炎は、体質改善を目指した治療となります。

C,慢性肝炎の対策

 日本ではB型肝炎に関してはワクチンの普及と公衆衛生レベルの向上で幼少児感染は激減していますが、抗体をもたない若年者が東南アジア旅行などで感染するケースが増えているようです。
C型肝炎に関しては血液を介して感染しますので感染経路は輸血によるものが最も多かったのですが、供血者スクリーニングが導入されてからは大きく減少しています、しかしC型肝炎の最大の特徴は慢性化しやすいことでA型やB型と異なり成人でも慢性化するということです。
したがって感染した場合は早期治療と食事療法及び適度な安静を心がけてください。

D,慢性肝炎に対する鍼灸治療の効果

 慢性肝炎に対する鍼灸治療の効果は、治療の目的が免疫力や自然治癒能力を高めて肝臓の炎症を鎮めていきますので短期間で治療効果を実感することはありません。したがって西医での治療と生活改善とをあわせて鍼灸治療を取り入れれば病気の進行を食い止め、改善させることができます。

寺村鍼灸院の治療法

神経系の治療

運動器系の治療

消化器系の治療

循環器系の治療

呼吸器系の治療

泌尿器系の治療

感覚器系の治療

代謝障害の治療

心療科系の治療

婦人科系の治療

免疫系の治療

無料
無料
無料