高血圧症の鍼灸専門治療院

高血圧症

A,高血圧症の概念

 高血圧症には原因の明らかでない本態性高血圧症と、原因疾患があってそれに続発して起こる二次性の高血圧症があります、このうち本態性高血圧症が90%以上を占めています。
正常血圧と高血圧は連続的なもので、その間に明確な境界線はありませんが便宜的に、ある血圧値で両者を分けています。
世界保健機構と国際高血圧学会(WHO/ISH)の最新分類によれば至適血圧(120/80未満)、正常血圧(130/85未満)、正常高値血圧(130~139/85~89)、グレード1高血圧(軽症)(140~159/90~99)、サブグループ(境界域高血圧)(140~149/90~94)、グレード2高血圧(中等症)(160~179/100~109)、グレード3高血圧(重症)(180以上/110以上)、収縮期高血圧(140以上/90未満)、サブグループ(境界域高血圧)(140~149/90未満)と区分けして、従来の分類を細分化しています。
この分類の特徴は至適血圧を設けたことと、正常高値血圧を高血圧予備軍と位置付けていることです。
血圧値は高くなるにしたがって脳卒中や心筋梗塞などの合併症発生の危険性が増えてきますが、血圧はきわめて変動しやすいので通常一回の血圧測定で、高血圧の診断を行ってはならないことになっています。
特に外来初診時の血圧は白衣高血圧といって、緊張などで高値になることがあります、この場合、家庭血圧や24時間血圧を参考にします。
二次性高血圧症の原因疾患には腎性高血圧症、内分泌性高血圧症、神経性高血圧症、その他がありますが最も多いのが慢性糸球体腎炎や腎盂腎炎によるものです。
高血圧症の治療には非薬物療法と薬物療法があります。
非薬物療法は生活習慣の改善を通じて降圧を行うもので、高血圧治療の基本となるものです。
薬物療法は非薬物療法の効果が出ない場合、あるいは脳卒中や心筋梗塞など、合併症の危険が予想される場合に採用されます。

B,高血圧症の鍼灸治療

 高血圧症に対する鍼灸治療は本態性高血圧症を対象とします、また薬物療法者、非薬物療法者を問わずすべて治療の対象とします、ただし高血圧緊急症は入院治療となりますので対象外です。
高血圧症の治療は利尿促進、交感神経抑制、血管拡張による血流改善を目指した全身治療となります、また薬物療法者の場合、副作用に対する治療も可能な限り行います。

C,高血圧症の予防(動画)

 二次性高血圧症は原因疾患の治療による治癒で解消します、本態性高血圧症は、肥満の防止、減塩食、(カリウム、カルシウム、マグネシウム)の摂取、脂肪摂取量の制限、節酒、適度な運動、禁煙などの生活改善を実施することによって高血圧症は予防できます。

D,高血圧症に対する鍼灸治療の効果

 高血圧症に対する鍼灸治療の効果は、症状が長期間かけて進行したものですので短期間では鍼灸治療の効果を実感いただけません。したがって、健康管理の一環として鍼灸治療取り入れることで将来的に降圧剤からの離脱も可能になります。

寺村鍼灸院の治療法

神経系の治療

運動器系の治療

消化器系の治療

循環器系の治療

呼吸器系の治療

泌尿器系の治療

感覚器系の治療

代謝障害の治療

心療科系の治療

婦人科系の治療

免疫系の治療

無料
無料
無料